Return to site

【開催案内】『草の根ロビイング勉強会』~「食品ロス削減推進法案」の実践事例から学ぶロビイングの基礎~

· 『草の根ロビイング勉強会』セミナー

今回のセミナーでは、市民アドボカシー連盟の理事で、現役ロビイストの一般社団法人全国フードバンク推進協議会 事務局長の米山広明氏、サービスグラント 代表理事の嵯峨生馬氏、BLP-Network 副代表の鬼澤秀昌氏を講師にお招きして、今年度の第196回通常国会において「食品ロス削減推進法案」の成立に向けて実施したアドボカシー活動をテーマにお話しいただきます。

具体的には国会議員等への60回以上の集中的なロビイングや、アドボカシー活動をサポートする人材支援に加え、以下のテーマについてもお話しいただきます。
・ロビイストに求められる能力
・サブスタンスとロジスティクス(政策を作る過程と実現させる過程におけるロビイング)
・国会議員へのロビイング(アポ取りから面談までの流れ)
・院内集会の開催
・よくあるアドボカシーの失敗事例
社会的な課題の解決には多くの場合、基礎自治体や国へのアドボカシーが必要になります。そして我々が普段目にするアドボカシーの多くは成功事例ですが、成功事例の影に隠れて見えないだけで、民間団体が行う多くのアドボカシーは失敗事例が非常に多いのが実情です。この機会にアドボカシーやロビイングにおいて注意しなくてはならないポイントや、また社会課題の解決に向け効果的なアドボカシーができるよう、実践事例から学んでみませんか。
『草の根ロビイング勉強会』~「食品ロス削減推進法案」の実践事例から学ぶロビイングの基礎~
日 時:2018年8月27日(月)19:00~21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル 2階大会議室
定 員:100名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
※市民アドボカシー連盟の「正会員」「賛助会員」は会員特典として『草の根ロビイング勉強会』が毎回無料で参加できます。「会員専用」より参加をお申込みください。
主 催:市民アドボカシー連盟
共 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
★★★お申込み★★★
https://advocacy20180827.peatix.com/ からお申込みください。
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので必ず確認してください
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんので予めご了承ください
<スケジュール>
19:00 オープニング・趣旨説明
19:05 市民アドボカシー連盟の紹介
19:10 講演 米山 広明 氏、嵯峨 生馬 氏、鬼澤 秀昌 氏 ※司会進行:関口 宏聡
20:00 質疑応答
20:20 交流会
20:45 終了
※終了後は場所を移動して懇親会を開催(希望者のみ)
<登壇者プロフィール>
米山 広明 氏 一般社団法人全国フードバンク推進協議会 事務局長
2008年のフードバンク山梨設立時よりフードバンク活動に携わる。フードバンク活動全般、組織基盤強化事業、困窮世帯への生活相談支援、農作業を通じた自立支援等、新規事業の立ち上げや自治体への事業提案を担当。2015年11月の全国フードバンク推進協議会設立時より事務局長。新設フードバンク団体の立ち上げ支援や中央省庁、国会議員等へのアドボカシー、個別のフードバンク団体の基礎自治体に対するアドボカシー活動をサポートしている。
嵯峨 生馬 氏 認定NPO法人サービスグラント 代表理事
2005年にNPOの基盤強化をプロボノにより支援する「サービスグラント」の活動を開始。2009年にNPO法人化、代表理事に就任。プロボノのプラットフォームを提供し、幅広い企業・行政等と連携しながら、NPOや地域団体など非営利セクターの基盤構築を支援している。2017年6月現在、東京および関西を拠点に3,400名以上のプロボノワーカーが登録し、累計500を超えるプロボノプロジェクトの運営実績を有する。著書に『プロボノ ~ 新しい社会貢献、新しい働き方』(勁草書房 2011年)ほか。
鬼澤 秀昌 氏 BLP-Network 副代表
大学時代、SVP東京において初代学生インターン。法科大学院を修了後、BLP-Networkを設立、初代代表を務める。司法試験に合格し、特定非営利活動法人Teach For Japanに常勤職員として勤務。現在、弁護士、おにざわ法律事務所代表。著書に『NPOの法律相談』等がある。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly